事業譲渡について知ろう|メリットが盛沢山

整骨院を持つのがおすすめ

男女

親身になって向き合える

柔道整復師の資格を取った後の働き方には二通りあります。ひとつ目は整骨院を開業して患者さんの治療にあたるスタイルで、施術のおける方向性から料金体系まであらゆる要素を自分自身で決められます。自身の治療院を開業した場合には当然得られる収入は完全歩合制であり、頑張って働けば働くほど手元に入ってくる利益の金額も大きくなりますからやりがいを求める人にはとてもオススメです。これに対して、ふたつ目は一般の企業に柔道整復師として就職するかたちです。サラリーマンやオフィスレディとして企業に所属するメリットは諸々のリスクが小さくなる点で、例えば担当した顧客の数に関わらず安定して収入を得られるのは非常に魅力的です。お給料を安定してもらえると銀行でローンを組むのも簡単ですし、クレジットカードの審査もすぐに通りますから、生活する際に生じる金銭的な不安をかなり軽減できます。ほかにも、福利厚生がしっかり整っていますから、もしもの時にも安心です。しかし、少しでも多くの患者さんに喜んでもらいたいと考えるなら就職するよりも自身の整骨院を開業するべきです。なぜなら、会社員として働く場合には基本的に指示されたことを確実に遂行することが求められ、そこには自分の意志であれこれ試行錯誤をする自由はあまり含まれていないからです。一方、柔道整復師の国家試験に合格したあとすぐに整骨院を開業すれば患者さんひとりひとりと親身になって向き合えますし、それが柔道整復師としての生き甲斐にもつながります。