事業譲渡について知ろう|メリットが盛沢山

海外で起業したい方へ

女の人

一連の流れ

近年、多くの日本企業がアジアやヨーロッパなどといった海外に支社もしくは本社を設立あるいは移転をしています。この風潮から、会社設立を考えている人は海外で行うとする動きが加速しています。海外で会社設立を行う場合、会社設立までの一連の流れについて正しく理解しておく必要があります。また、設立する国によっても会社設立までの過程が微妙に変化する場合があります。そのためインドネシアで会社設立を行う場合の一連の流れについて押えておきましょう。インドネシアで会社を設立する場合は、外貨を使用することで設立できる株式会社(PMA)を設立します。この際、設立期間や最低資本金などがあるため随時確認が必要です。また、インドネシアで設立する場合にネガティブリストを確認しておくことが大切です。業種によっては制限が課される場合があります。以上の確認が終了したら、会社設立のための手続きを開始します。銀行口座の開設や会社設立の登記、会社登録証などの申請など様々な手続きがありますので確認が必要です。また、インドネシアでは出資者が最低2名必要であったり会社設立後に必要な許認可などがあるため随時確認することを心がけましょう。インドネシアで会社設立をスムーズに行うためには、専門家の知識を借りるということも一つの選択肢です。日本には、インドネシアにおける会社設立について熟知した専門家が多く在住しています。自分だけでは不安という方は、専門家を頼ることも1つの手段です。