事業譲渡について知ろう|メリットが盛沢山

男女

整骨院を持つのがおすすめ

柔道整復師の資格を取った後、安定を求めて一般企業に就職するのもいいですが、やりがいを求めるのであれば自身の整骨院を開業するのがおすすめです。整骨院を開業すれば自分の好きなことを思う存分やれますし、それが患者さんの喜ぶ顔にもつながります。

経営判断が会社を救う

握手

残す事業と残さない事業

書類上、会社を立ち上げることは一人でもできます。しかし事業が広がるにつれて仕事量が増加すると人を雇うことになります。社内では仕事の特性に合わせた部署が発生し、複数の部署が相互に関係しあう組織となります。生み出された利益を元手に別の事業に投資することで会社は拡大していきますが、その過程においては必ずしも利益が増大し続けているとは限りません。かつては利益を上げていた事業部であっても徐々に成績が落ち込み、不採算になってしまう事例もあります。事業は不採算になったからといって、すぐ次の日にやめてしまえるものではありません。会社は社内だけでなく社外にも多くの協力者がいて成り立っている存在です。事業の停止は取引先、従業員など関わりのある人たちに影響があるのです。そこで提案されるのが事業譲渡です。事業譲渡は倒産とは全く異なります。むしろ譲渡代価による収入をきっかけにして立ち直る会社もあるのです。事業譲渡は営んでいた事業を他社に譲り渡すことです。複数の事業があればその一部のみ譲ることもできます。事業譲渡を行う側は仕入や販売のルート、店舗設備など、原則として当該事業を継続するために必要なもの一式を相手に譲り、代価を得ます。事業譲渡を受けた側は、全てを一から開拓するよりも低いコストかつ短時間で新規事業に参入できるのがメリットです。そのため経営力に自信のある会社は他社からの事業譲渡を引き受けることに積極的なのです。

女の人

海外で起業したい方へ

インドネシアで会社設立を行う場合、外貨で株式会社を設立することが多いです。ネガティブリストの対象となるかどうかを事前に調べておく必要があります。以上が終わったら、登記などを行い会社設立に向けて様々な手続きを行います。インドネシアの会社設立に詳しい専門家に頼むことも選択肢の1つです。